FC2ブログ

がさりと落ち葉すくうように

前触れなく浮かんでくるもやもやしたモノを、詩(もどき)という形で表現しています。貴方の心に何かを残せたら幸いです。初めての方は「read me first」をお読みください

自省

環境に恵まれて
好きなように生きていた
自分勝手が過ぎても
自分の人生だから構わないと思っていた

いつのまにか私の言動は
他人の人生に影響を与え始めている
彼ら彼女らの選択に
私が関与している
予想よりも、深く

それはとても
こわいことだ

あの人たちの真剣な眼差しに応えるため
もう少し真剣に自己を省みよう
ぼんやりと考えているだけでは
実現できずに後悔する

スポンサーサイト



テーマ:詩・唄・詞 - ジャンル:小説・文学

呟き | コメント:0 | トラックバック:0 |

無味乾燥

かつて確かにあった情熱は
今は身を潜めている

ただ一時的なもので
また目を覚ますと思っていた

でもそんなときはもう
来ないのかもしれない

かつての日々を思い出すと
どうやったって消えない罪悪感

目の前の仕事に追われている自分は
ひどくつまらない人間にしか見えない

テーマ:詩・唄・詞 - ジャンル:小説・文学

呟き | コメント:0 | トラックバック:0 |

no future

君が甘えてくるのを
鬱陶しいと思うこともある

この身を委ねることを
ふと不安に思うこともある

望ましい未来の
展望はまだ描けないけれど

共にいるのは心地よいし
離れる理由もない

そうやって過ごす日々を
咎めることはできないはずだ

テーマ:詩・唄・詞 - ジャンル:小説・文学

呟き | コメント:0 | トラックバック:0 |

なにもしりたくなかった

今の楽しさを
手放したくはない

同じことを繰り返すなんて
できないと知ってる

次にしたいことは何もない

休むのも怖いから
動いてはいるけれど
少しずつ行き詰っている

わたしはずうっと
こんなこどものまま
やがてひとりで
とりのこされてしまいそう

テーマ:詩・唄・詞 - ジャンル:小説・文学

呟き | コメント:0 | トラックバック:0 |

for As

プラスの感情だけで

満ちた空間は

幸福そのものだった


二人が出会って

今日まで歩んできたことに

心からの喜びと敬意を

テーマ:詩・唄・詞 - ジャンル:小説・文学

呟き | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT